Home > Tags > Bash

Bash

Macのターミナル(iTerm)の設定

ターミナルを使うには標準添付のTerminal.appがありますが、ここではiTermというアプリケーションをインストールします。

iTermのダウンロード

日本語版があるようなので、それをダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/iterm-jp/

iTermのインストール

インストーラなので、そのままインストールしてください。

Bashの設定

シェルは標準のBashを使用します。

まず、~/.bash_profileを記述します(以下は最初から書いてあったかも)

.bash_profile

if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi

次に、~/.bashrcを記述します。

.bashrc

# プロンプトの設定
PS1='[\u \W]\$ '

# カラー設定
export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=DxGxcxdxCxegedabagacad

# エイリアスの設定
alias ls='ls -h'
alias ll='ls -l'
alias la='ls -a'
alias cp='cp -iv'
alias rm='rm -iv'
alias mv='mv -iv'
alias cl='clear'
alias vi='vim'
alias grep='grep --color'

指定ディレクトリ以下のjpgファイルを検索する

findコマンドで指定ディレクトリ以下のjpgファイルを検索する。

find /home -name "*.jpg"

Bashでファイルの数を数える

以下のコマンドでカレントディレクトリ以下のファイル数を数える。

find . | wc -l

Ubuntuでルートにログインする

Ubuntuではセキュリティのために原則rootにログインしないでsudoコマンドで作業する。
けど毎回パスワードとかだるいので、以下のコマンドでrootにログインできる。

$ sudo su

.bashrcの設定

Linuxをインストールする度に毎回、環境設定を調べてる気がするので一回まとめてみた。

ちなみにLinuxの設定ファイルは以下の順番で読み込まれるらしい。

  1. /etc/profile
  2. ~/.bash_profile
  3. ~/.bash_login
  4. ~/.profile
  5. ~/.bashrc (プロセスとしてbashを起動したとき)
  6. ~/.bash_logout (ログアウト時)

ユーザーすべてに適用されるように/etc/profileに以下を追加。(これはあまりよくないらしいけど。。)

# プロンプトの設定
PS1='[\u \W]\$ '

# ファイルのデフォルトパーミッションを設定
umask 022

# 日本語環境の設定
export LANG=ja_JP.eucJP
export JLESSCHARSET=japanese

# manのページャにlessを設定
export PAGER=less

# エイリアスの設定
alias ls='ls --show-control-chars --color=auto -h'
alias ll='ls -l'
alias la='ls -a'
alias cp='cp -iv'
alias rm='rm -iv'
alias mv='mv -iv'
alias vi='vim'
alias cl='clear'
alias grep='grep --color=auto'
alias less='lv'

上記以外にも不要なサービス止めたりとかインストールする度にやっている作業があるので、時間のあるときにそれもまとめようと思う。あとvi(vim)の設定もいつか書こう。

参考

Home > Tags > Bash

Search
Feeds
Meta

Return to page top