Home > Tags > Teeda

Teeda

TeedaのラジオボタンにString型ではなく列挙型(Enum)を使う

Teedaのラジオボタンは通常、String型でPageクラスに定義します。
http://teeda.seasar.org/ja/extension/reverse/input.html#%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3_%E9%9D%99%E7%9A%84
が、そこを列挙型(Enum)することができます。こちらの方が型安全になっていいかなと思います。
もちろん、静的・動的両方いけます。

以下、サンプルです。

HTML

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:te="http://www.seasar.org/teeda/extension" xml:lang="ja"
    lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>Enumのサンプル</title>
</head>
<body>
<form id="Form">
<span id="allMessages"></span>

<h1>ラジオボタン(静的)</h1>
<div id="sex">
    <label><input type="radio" name="sex" value="MALE" />男性</label>
    <label><input type="radio" name="sex" value="FEMALE" />女性</label>
</div>

<h1>ラジオボタン(動的)</h1>
<input type="hidden" id="languageItemsSave" />
<span id="language">
    <input type="radio" name="language" />
</span>

<p><input type="submit" value="送信" id="doSubmit" /></p>

</form>
</body>
</html>

列挙型

public enum Sex {
    MALE("男性"),
    FEMALE("女性");

    private String japaneseName;

    private Sex(String japaneseName) {
        this.japaneseName = japaneseName;
    }

    public String getJapaneseName() {
        return japaneseName;
    }
}
public enum Language {

    JAPANESE("日本語", "JAPANESE", "こんにちわ"),
    ENGLISH("英語", "ENGLISH", "Hello");

    private String label;
    private String value;
    private String greeting;

    private Language(String label, String value, String greeting) {
        this.label = label;
        this.value = value;
        this.greeting = greeting;
    }

    public String getLabel() {
        return label;
    }

    public String getValue() {
        return value;
    }

    public String getGreeting() {
        return greeting;
    }
}

Pageクラス

public class EnumSamplePage {

    public Sex sex;

    public Language language;
    public List<Language> languageItems;

    public Class<?> initialize() {
        // 初期値の設定
        sex = Sex.FEMALE;
        language = Language.ENGLISH;

        languageItems = new ArrayList<Language>();
        for (Language lang : Language.values()) {
            languageItems.add(lang);
        }

        return null;
    }

    public Class<?> prerender() {
        return null;
    }

    public Class<?> doSubmit() {
        System.out.println(sex.getJapaneseName());
        System.out.println(language.getGreeting());
        return null;
    }
}

注意としては、
静的なラジオボタンで使う場合は、value属性に“列挙子”を指定すること(サンプルだと「MALE」「FEMALE」)
静的なラジオボタンで使う場合は、列挙型のフィールドに“label”“value”を変数名にもつ値を定義すること。
あと、HTMLにhidden属性に”~~ItemsSave”を配置すること。これをしないとPOSTしたときにデータが消えてしまう(これはString型でも同じですが)

フレームワークを調査するときにやること

仕事でSeasarプロジェクトのTeedaというフレームワークでWebアプリケーションを作ることになったので、その調査ということで、色々やったので、そのメモです。
とりあえず以下の事をやれば、一製造メンバーとしては役に立てるかな。

以下の事をやりました。

  1. チュートリアルを動かしてみる
  2. マニュアルを読む
  3. MLを眺める
  4. 課題管理(バグレポート)を眺める
  5. ブログを読む
  6. ソースを読む

以下、詳細。

1. チュートリアルを動かしてみる

大体のフレームワークには、チュートリアルがサイトに載っていたり、サンプルコードをダウンロードできたりするので、それをとりあえず動かしてみる。
Teedaの場合、html-tutorialという素晴らしいサンプルコード群が配布されているので、それをひと通り眺めると、出来ることのイメージが掴めました。

2. マニュアルを読む

もちろん、必須です。
Teedaの場合、S2やS2Daoなんかも絡んでくるので、そこらへんのマニュアルもひと通り目を通す。
分からないところがあってもとりあえず目を通す。そうすると、後で分からないことがあったときに「あそこに書いてあったような・・・」みたいな当たりが付けられるので。
あと、先にチュートリアルやっておくと実際の動きのイメージをつけながらマニュアルを読めるので、先にチュートリアルやったほうがいい。

3. MLを眺める

MLを眺める&登録しておく。
だいたい行き詰まるところは同じなので、求める答えはMLにあったりするのがほとんどだったりする。
隅から隅まで読むのは無理なので、気になるタイトルのやつだけ読んでました。
あとML登録しておくと、コミュニティの活発具合とか雰囲気がわかる気がして楽しい。

4. 課題管理(バグレポート)を眺める

フレームワークの歴史が垣間見れて面白い。
どのバージョンでこういう機能が追加されたんだ、とか分かる。
最新バージョンを使えるようなら問題ないけど、理由あって古いバージョンを使わなくちゃいけないとか言う場合に、この機能は使えないとかを調査したりする。

5. ブログを読む

これは実装してたらだいたいすると思うけど、Teedaだったら検索に引っかかったブログのTeedaカテゴリーは全部読むとか。

6. ソースを読む

これができたら最高なんだけど、、、、まだ技術力不足で無理です。。。

Teedaでcolspanする

Teedaでcolspanするにはダイナミックプロパティを利用すればできます。

colspan.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:te="http://www.seasar.org/teeda/extension" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>Teedaでcolspan</title>
</head>
<body>

<form id="Form">
<table border="1">
	<tr>
		<th>OS名</th>
		<th id="versionColspan" colspan="1">バージョン</th>
	</tr>
	<tr>
		<td><span id="osName">dummy</span></td>
		<div id="versionItems">
		<td><span id="codeName">dummy</span><br /><span id="number">dummy</span></td>
		</div>
	</tr>
</table>
</form>

</body>
</html>

ColspanPage.java

package org.sample.web.fnc;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class ColspanPage {

	public int versionColspan;

	public List<VersionDto> versionItems;
	public String codeName;
	public String number;

	public String osName;

	public Class<?> initialize() {
		return null;
	}

	public Class<?> prerender() {
		osName = "Mac";

		// Macのバージョン
		versionItems = new ArrayList<ColspanPage.VersionDto>();

		VersionDto mac1 = new VersionDto();
		mac1.number = "10.3";
		mac1.codeName = "Panther";
		versionItems.add(mac1);

		VersionDto mac2 = new VersionDto();
		mac2.number = "10.4";
		mac2.codeName = "Tiger";
		versionItems.add(mac2);

		VersionDto mac3 = new VersionDto();
		mac3.number = "10.5";
		mac3.codeName = "Leopard";
		versionItems.add(mac3);

		VersionDto mac4 = new VersionDto();
		mac4.number = "10.6";
		mac4.codeName = "SnowLeopard";
		versionItems.add(mac4);

		return null;
	}

	class VersionDto {
		public String codeName;
		public String number;
	}

	public int getVersionColspanColspan() {
		return versionItems.size();
	}
}

Home > Tags > Teeda

Search
Feeds
Meta

Return to page top